広島工業大学山岸ゼミ - YamaLabo

RaspberryPiをストリーミングサーバーにする

RaspberryPiをストリーミングサーバーにする方法です。
WEBカメラで撮影している映像を外出先からWEBブラウザでリアルタイムで見ることが出来ます。

以下使用機器

RaspberryPi Model B
OS image : 2013-02-09-wheezy-raspbian.zip

WEBカメラ
HD Webcam C270 LOGICOOL

電源5V2A

他、ディスプレイ、キーボード、有線LAN接続



色々方法があるみたいですが自分はMjpeg-Streamerを使用しました。

以下手順

1.アップデート

$ apt-get update
$ apt-get upgrade

2.mjpeg-streamer-r63.tar.gzをダウンロード

3.RaspberryPiにmjpeg-streamer-r63.tar.gzを入れる
自分はローカルネットワークにアップロードしてwgetで落としました。
(FTPでレンタルサーバにアップロードしてwgetで落とす場合はFTPのアップロード方法に注意する。解凍時にエラーが出る)
$ apt-get ファイルアドレス

4.任意のディレクトリで解凍する
$ tar xvzf mjpg-streamer-r63.tar.gz

5.コンパイルするためにlibjpeg8-devをインストール
$ sudo apt-get install libjpeg8-dev

6.シンボリックリンクを作成
$ sudo ln -s /usr/include/linux/videodev2.h /usr/include/linux/videodev.h

7.コンパイル
$ cd mjpg-streamer-r63
$ sudo CFLAGS+="-O2 -march=armv6 -mfpu=vfp -mfloat-abi=hard" make

8.mjpeg streamer起動
$ ./mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -d /dev/video0 -y" -o "./output_http.so -w ./wwww -p 8080
(./mjpg_streamer -i “入力側 -d 使用するデバイス” -o “出力側 -w Web表示用のファイル置場 -p ポート -c ユーザ名:パスワード”)


起動時の設定
-b:バックグラウンドで起動
-i:入力側の指定(””で囲む)
input_uvc.so ※インストールした場合は/usr/local/lib/input_uvc.so
-d:デバイスの指定
-y:調べてもよく解らず。外しても動く。
-r:画面解像度(縦x横)カメラの解像度の範囲で設定する
-q:画像クオリティ(1~100)
-o:出力側の指定(””で囲む)
output_http.so ※インストールした場合は/usr/local/lib/input_uvc.so
-w:Webで表示する時のテンプレート ※インストールした場合は/usr/local/www
-p:使用ポート
-c:認証ユーザ名とパスワード(ユーザ名:パスワード)




自分はこのような設定で動かしています。
./mhpeg_streamer -1 “./input_uvc.so -d /dev/video0 -r 640×480 -f 5 -q 100” -o “./output_http.so -w ./www -p 8080 -c id:pass”

今5日くらい連続で動作させていますが問題なく動作し続けています。

Mail Address


Comment

スパム・迷惑コメント投稿防止の為メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

Profile

ちぇけ丸

IT系の仕事をしつつ、趣味で本の装丁やiPhoneケースなどのデザインなど、様々なものづくりを行っています。

»more

Sarch

Category

calendar

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

▲Pagetop